ミノウミウシの分類に大きな変更がありました

WoRMS でヒダミノウミウシ上科 Fionoidea に動きがありました。

1. ミュヤ・ロンギコルニスの科が変更に

ミュヤ・ロンギコルニス Myja longicornis の所属する科が所属科不明からヒダミノウミウシ科に変更されました。

WoRMS – World Register of Marine Species – Myja Bergh, 1896

ただし、所属科不明(taxon inquirendum)である状況は変わらないようです。

2. 複数の科が廃止

ホリミノウミウシ科 Family Eubranchidae
オショロミノウミウシ科 Family Tergipedidae
が廃止され
ヒダミノウミウシ科の下に属が移されました。

主なものは以下になります。
– オショロミノウミウシ (Cuthona) 属
– ホリミノウミウシ (Eubranchus) 属
– ヒダミノウミウシ (Fiona) 属
– Tenellia属

WoRMS – World Register of Marine Species – Fionidae Gray, 1857

3. イボヤギウミウシ属が廃止

イボヤギウミウシ (Phestilla) 属は Tenellia属に変更されました
イボヤギミノウミウシ Tenellia melanobrachia
テネッリア・ミノル Tenellia minor | 世界のウミウシ
ジボガミノウミウシ Tenellia lugubris | 世界のウミウシ

WoRMS – World Register of Marine Species – Phestilla Bergh, 1874

4. Tergiposacca属が新設

これまでテルギペス属の一種とされていた種に名前が付きました
テルギポサッカ・ロンギケラタ Tergiposacca longicerata Cella, Carmona, Ekimova, Chichvarkhin, Schepetov & Gosliner, 2016

WoRMS – World Register of Marine Species – Tergiposacca Cella, Carmona, Ekimova, Chichvarkhin, Schepetov & Gosliner, 2016

5. オショロミノウミウシ属が変更される?

WoRMSには反映されていませんが、海外のサイトを見ているとオショロミノウミウシ属のウミウシの多くがTenellia属に移されるような動きが見えます。
今後の動向をみて変更をしていきたいと思います。

参考論文:A Radical Solution: The Phylogeny of the Nudibranch Family Fionidae

今年一年ありがとうございました。

世界のウミウシは一年前にリリースされました。
今日現在 1,050種が登録されています。投稿された写真は 5,633枚になります。

Googleでウミウシを検索すると、世界のウミウシが常に上位に表示されるようになり、日本でもトップレベルのウミウシサイトに成長したと自負しております。
これも素敵なウミウシの写真を投稿してくれる会員の皆様のお陰です。

来年も多くの方に参加して頂けるよう一層の努力をしてまいります。

2017年も世界のウミウシをよろしくお願いします。

世界のウミウシTシャツ販売のお知らせ

世界のウミウシのTシャツを販売します。

デザイナーは世界のウミウシのキャラクターデザインを手がけたゆきよさんです。

地球を征服する?チギレユキイロウミウシのデザインをバックプリントにしています。

(以下サンプル)

Tシャツサンプル

Tシャツサンプル

Tシャツトリニティというサイトで販売します。以下のリンクをクリックしてください。

Tシャツトリニティ

色は15色、サイズは16サイズの中からお選び頂けます。

価格は白色のTシャツが2,250円。それ以外の色のTシャツが2,800円となります。

この冬は世界のウミウシTシャツを着て、ウミウシを捜しに行こう!

販売数が伸びればデザインのバリエーションも増やしていきますので、たくさんの方からのご購入をお待ちしています。

人気ウミウシをランキングで紹介します

世界のウミウシがオープンしてから半年が経ちました
オープン時551種類だったウミウシも、943種類に増えずいぶん充実してきたと思います

今日はWEBの強みを活かして人気ウミウシランキングを紹介してみたいと思います
続きを読む

Notodoris属について

Aegires センヒメウミウシ属は Lovén により 1844年に設立されました。
それからおよそ30年後の1875年、Bergh により Notodoris が設立されました。

続きを読む

Siphopteron citrinum とレモンウミコチョウ

Siphopteron citrinum シフォプテロン・キトリヌムは CarlsonとHoffによって1974年に記載されました。 模式産地はグアム。体は基本的に透明で、体表には黄色、橙、ピンクの細点が入るとされています。

Siphopteron citrinum

続きを読む